2008年10月05日

エポパテ造形講座

鬼のように忙しかった仕事が片付き、ポッと余裕が出来たような気もしましたが嵐の前の静けさだったようですでに続々と仕事が入ってきています。

まあ、仕事があるってよいことですよ〜!

で、忙しいのはいつものことなので、それでも何かしようということでここで、書いてあるように塚田君に不定期エポパテ造形講座をひらいてもらって造形を勉強することに。

もちろんまともに造形なんか出来ないうえに、今までスカルピーをちょっと弄ったことがあるぐらいの実力ですが、今回エポキシパテによる造形に挑戦です!

スカルピーだと焼いてあっても長時間原型を置いているとひび割れたりするので少しずつ弄っていくような長時間造形にはエポパテはピッタリのような気がします。

気がするだけですが・・・


で、今回途中で投げ出さないように考えた対策が


epo_01.jpgこれだ!!


ってことでエポパテの箱買い!

流石にこれだけの量を捨てるわけにはいきません。

が、一箱に12個入ってますが特にゴテゴテしたものでなければ5,6本あれば一体ぐらい作れるような・・・

まあ、余裕をもって作れるってことで納得して進みましょう。


で、塚田君の教えでまず頭部、胸部、腹の球体、骨盤、手足の棒x8、掌のダミー、靴っぽいものをエポパテで作りそれをアルミ線で繋いで作りたいポーズをとらせます。

epo_02.jpgで、出来たのがこれ。

何のネタかはもう少し秘密にしておきますが一応オリジナルではなく元絵があるものです。

ってか、胸郭小さ!

まあ、最初なので小さく作ってはいますがやはり最近のアニメキャラだと胸郭は薄く、小さくしたほうがかわいく出来る感じです。

ちなみに股間は塚田君の指示でこうなっています。

たいした意味はないそうですが、何かエロいほうがよいと・・・



で、この原型製作、特にイベントなどに出そうという気は今のところありません。

GILLGILLで出すとなるとプロ製作の物の横に置かないとだし・・・

まあ、ちゃんと完成したらその時どうするか決めるってことにして進めましょう。

まずは完成させることですね。

でも、仕事の暇を見てちょこっとずつ削って、仕事終わりにちょこっと盛って帰るって感じ進めていくので時間は掛かると思います。




【関連する記事】
posted by GILLGILL at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。