2009年05月03日

出荷開始しました!!!

090503.jpg「MONSTER HUNTER」発売 5周年記念モデルの
リオレウス【希少種】ヘッドの検品作業に行ってきました。

ポリストンは壊れやすいというイメージがあったのですが
最近はソフトポリとよばれる素材があり多少の弾力があって
格段に破損に強くなっていました。

といってもポリストンには代わりが無いので
無茶をすると折れますので繊細に検品しました。

一般販売されている出荷数と比べれば
たかが100個なのですが、確認箇所が多いので
かなり時間が掛かる作業でした。

ご予約頂いた方にはGW中に届けられるように
発送を開始していますので暫くお待ち下さい。
posted by GILLGILL at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 店長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

六代目新田陸太郎!!!

横.jpg
GILLGILLにて「六代目新田陸太郎」の塗装見本を展示中!!!




posted by GILLGILL at 03:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 店長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

新作情報

IMG_0084.jpgIMG_0087.jpg







エリック氏から新作の画像が届きましたので紹介させて頂きます。

エリック氏本人のブログでも紹介されていた作品で
夏頃の映画公開に併せて日本に入ってくる予定です。

ブログを見る限りでは立ちポーズだと思っていたのですが
有名な登場シーンになるようです。
画像を見る限り、今回もワックス原型に置き換えての仕上げの様子
追加情報が届き次第追って報告します。

乞うご期待!!!!!
posted by GILLGILL at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 店長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月29日

artist proofstudio

エリック氏の活動内容が掲載されているブログを
リンク集に追加しました。

Paul Komoda、Norm Meyersとエリックの3名のスカルプターによるブログです。

Artists Pro of blog
http://artistproofstudio.blogspot.com/

posted by GILLGILL at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 店長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

海外スカルプター

kamebushi02.jpg


去年の末ぐらいから海外の造型家の方と
連絡が取れるようになったのでご紹介!

エリック・ソーサ氏の作品は
海外のサイトで良く見かけていたのですが
まさかGILLGILLに参加の依頼が来る事になるとは
思いもしなかったので驚きました。

過去の作品を見てみると
ホライゾンのグリーンゴブリンの原型を担当した方でした。

そこで?????
気になったのですが・・・
あの作品って何年前だっけ?

おかしいぞ・・・

エリック・ソーサさんって何歳なんだろう?

で、本人にプロフィールを書いて頂きました。

以下が訳となります。
---------------------------------
僕の名前はエリック・ソーサです。職業はフリーのスカルプター。年は32歳、辰年です。

主なスタイルとしては、見本や手本となる物からヒントを得ています。
例えば、他のスカルプターの作品、漫画、ミケランジェロやダビンチといった歴史に残っている芸術家など…。
様々な優れたアーティストからのいいところを取り込んでいきます。
特に影響を受けた人は、タケヤ・タカユキとビスリーです。

3歳から造形を始め、17歳よりマッテル・トイズにて働きはじめました。
マッテル・トイズを退職した後、教会の宣教活動に2年間従事し、別のスタジオで働くことになりました。
そこでは、直接的な指導はなかったものの、優れた技術を持った先輩たちに囲まれ、様々な手法を見てきました。
特殊効果からもいろいろなことを学ぶことができました。

芸術には終わりがなく、どこまでいっても学び続けていくものであり、決してゴールがありません。
もし満足や自分のゴールが存在するとすれば、プロとしての活動がそこで終わりとなってしまいます。
どんな方法であっても、例えば芸術関係の学校へ行ったり、絵画を習ったり、写真や本からでも学び続けることはできます。

僕も昔はバスに乗っていたとき、黒いサングラスをかけ、乗客のデッサンをスケッチブックに描いていました。
決して完成された物ではなく、ただ単に簡単なスケッチではあったものの、現在手にしている技術を作り上げるのに役立ちました。

好きな食べ物はスパイシー味噌ラーメンです!嫁の名前はエリカ・ソトー。三人の娘がいます。
家族みんな日本の文化が大好きです。来年あたりは日本に行きたいですね。
また、XBoxの"Gears of war 2"にはまっています。ハンドルネームは"TOY ZKULPTOR"です。

よろしく!
エリック
---------------------------------





posted by GILLGILL at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 店長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

ホビコン05 神戸

大勢の方のにご来店頂け心より感謝申し上げます、

出展者の方々お疲れさまでした、
お忙しい中、お声をかけて頂け励みさせて頂いております。

今回は開場時間が遅れるという不足の事態があり、
色々と考えさせられました……

参加者が望むイベントであり主催者が望むイベントの
理想的な形はどの辺りで交わり歩み寄りが出来るのか?
という事を身近で感じた一日でした。

同じ趣味を持つ人達と自然な感じで出会える場所という意味では
必要なイベント企画なので、是非とも全員で育んでいければ

と心底思いました。

※写真とかなくてスイマセン…
posted by GILLGILL at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 店長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

東京ゲームショウ2008

tgs 7.jpgご無沙汰しております久々の店長日記です。
TGS2008に参加したのでご報告!
と言っても仕事の話が大半です、ようやく完成した『リオレウスヘッド』をSHOPに納品、パッケージデザインが決まらず当日に現場まで届けに行きました。工場の方に無理を通していただいてTGSにて先行販売!

多くの方の努力のおかげで予想以上にクオリティの高い製品に仕上がりました。今回は5個だけ販売ですが来場される方は是非ご覧下さい。


tgs 12.jpgもう一点の納品が逆転裁判シリーズ最新作『逆転検事』より
御剣検事の部屋を再現するために作品中の大人気キャラクター
『トノサマン』を担当させて頂きました。

アメコミ調で造れば良いか?特撮スーツの雰囲気か?
難しい選択でしたが最終的にはプロデューサーの方にも喜んで頂けて安心しました。展示後は開発室に展示していただけるとの事です。



tgs2 6.jpg制作はモンハンフェスタで等身大レウス装備を造ったEFFECTZさん。
今回は別件でカプコンブースの塗装を担当。
『MONSTER HUNTER TRY』ブースは海辺の町をイメージした造作でかなり大掛かりな作業になっていました、古びを表現する塗装技術をエイジングと言うのですが写真はその作業中。

今年から開催日程が増えたらしいのですが
初日から大賑わいで開場直後に長蛇の列が出来ていました
カプコンブースに向かった時には『モンスタハンタートライ』は4時間待ちだったので遊び見学重視に路線変更しました。



tgs 2.jpg『DEAD RISING』のブース、このゲームをプレイする為だけに360を購入しましたが、今度はWii版が発売との事。子供の頃「ゾンビ」で観た悪夢を解消したい方はお勧めです、

主人公の等身大モデルが展示されていました、肌の感じからみてシリコン素材かと思えるくらいいい感じの出来。写真では分かりませんがブース内のゾンビの群集写真もかなり凝っていて正にゾンビパラダイスって感じです、ここも人が多くてポスターもらえませんでした…


決心しましたWii貯金はじめます。

posted by GILLGILL at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 店長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月22日

火竜の翼膜×2

leusu.jpg京都に引き続き今回は静岡のRCベルグさんにお邪魔させて頂いた。

巨大キット火竜リオレウスの最期の素材を手に入れた。
大きな旅行鞄でギリギリのビックサイズ、
翼部分も例に違わず中空成形による軽量化と
レジンのモールドを活かすため
ベルグ様に足を向けて寝れないほどご協力して頂いた。

技術的なことは分かりませんが、
かなり複雑な工程と200キロ近いシリコンが
必要だったとの事…

以前にお会いしたときよりも心なしか
痩せておられるように感じました。

ベルグ様ならびに職人の方々本当にお疲れさまでした。

GILLGILL店長
posted by GILLGILL at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 店長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

和伽人形展 その3

kamei_s0039.jpg引き続き店長からご報告

あまり作品の画像を公開するのも個展に出向かれる方の興味を損ねてはと思い自重していたのですが、この企画だけ特別公開。

亀井さんの作品は全て手造りの一品物なのですが
この「超丁発止」はキット化を前提に製作していただきました。
実現するかは現在微妙なのですが…
是非発売してほしいですね。

個展は22日まで開催しているとのことですので
ご覧になりたい方はお早めに、


kamei_s0001.jpgおまけ
京都のからの帰り駅構内での不思議な光景…
世間では常識なのでしょうか?

確かに便利な気はするのですが…驚きました。

GILLGILL店長
posted by GILLGILL at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 店長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

和伽人形展 その2

kamei_s0030.jpg昨日に引き続いて店長からの日記です

亀井さんが作品を展示されている中、
個展の一角を拝借してGILLGILLに縁のある作品を展示させて頂きました。よく考えると余計な仕事を増やしたのでは?
と今更になって反省しています。

気を取り直して初お披露目の作品の紹介

雑誌「SMH」で紹介された「尼蛙」の続編にあたる作品が
出展されているのですが、作品のベースに使用された瓦は
江戸時代に焼かれたものを安楽寺というお寺の住職より
お譲り頂いたとお聞きしました、

まさに和伽人形に相応しい粋な作品に仕上がっており
「これが感性というのだなぁ」と魅入ってしまいました。
(作品の魅力に適わないと思いますので画像はあえて伏せておきます…撮り忘れたのではないですよ)

kamei_s0019.jpg疑われては困るのでちゃんと画像のあるものも紹介

この作品…良いですよ
稚拙な表現しか出来ないのが悔しいですが、
前から観て「イイ」
後にまわって観て「アッ」
近寄って観て「ナルホド」と
3度楽しめる…(本当に稚拙で心苦しい)

写真から推理してぜひご堪能ください…つづく
posted by GILLGILL at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 店長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

和伽人形展

kamei_s0003.jpg本日のブログは久々にGILLGILL店長から報告

月曜日に一日店長をお休みさせていただき京都に出かけ、お世話になっている人形作家『亀井潤』さんの個展にお邪魔させて頂きました。

「亀井潤 和伽人形展」という個展

銀閣寺に近く哲学の道の途中にある
「花いろ」という素敵なギャラリーで22日まで開催されています。

初お披露目の作品を拝見できるうえに
ゆっくりと亀井さんと話せる贅沢なひとときでした。

その中でも『虚匠』という作品が
もっとも彼らしい作品かもしれない・・・つづく









posted by GILLGILL at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 店長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。